Install this theme
・プロになりたかったら応用技は後回しに(1にも2にも基本が大事
・人の上に立ったら知識の理論武装をし、相手にグウの音も言わせない知的腕力を使いなさい
・失敗を恐れて慎重になる、その気おくれがチャンスを逃す原因
・利益を出す発想がすっぽりと抜けている人が以外に多い
・お金に執着しなさい
・何が何でも一番を目指す、これこそラクして生きる最大の鉄則
・部下を叱ったら必ずその倍ほめる
・アマチュアは問題を複雑にし、プロは問題をシンプルにする
・個人プレーを磨いて初めてチームプレーができる
・歯車になるな、モーターになれ
岡田社長との恋愛禁止発言ってのはトシが奥さんを
「ホームオブハート」の主催者に寝取られ離婚したことを受けての予防線だと思う。
おいら悪徳商法を調べたりするのが趣味なんだけど
岡田はかなり自己啓発セミナーの手法を勉強してるね。
芸能界「∞」の読み方。

シブがき隊のシングル「挑発∞」
⇒むげんだい

グループ名「関ジャニ∞」
⇒えいと

うしろゆびさされ組のアルバム「∞」
⇒あんりみてっど

DEAD ENDのアルバム「∞」
⇒いんふぃにてぃ

UVERWORLDのヴォーカル「TAKUYA∞」
⇒(発音せず)

Acid Black Cherryのシングル「20+∞Century Boys」
⇒(発音せず)

結論:面倒臭いのでやめてほしい。
世間に自由と人権を訴えるために、龍介の友人である赤松克麿と、朝日新聞の早坂記者が一緒になってこの過激な計画を考えたというわけだ。さらに早坂記者は自社のスクープにすべく龍介をたくみに誘導している。ヤラセとまではいえないが、記事をつくるために“行動”を教唆したと言われてもしようがないだろう。
 そして、10月22日、朝日新聞朝刊の社会面は、全ページが白蓮と龍介の「白蓮事件」で埋められ、予想通りの大センセーショナルがまきおこされる。

韓国ドラマに詳しいジャーナリストの中島恵さんはこう言う。

「花子(吉高由里子)と花子の親友・葉山蓮子(仲間由紀恵)の恋の模様が、瞬時に切り替わり、東京と福岡で同時進行しています。二つの恋が複雑に絡み合うというのは、韓国ドラマでもよくある展開です」

 それはともかく、興味深いのは、こうした史実がこれからドラマにどのくらい反映されるか、だ。男性側が妻帯者だった花子の場合さえ、実際の“不倫略奪”を懸命にソフトにしようとしてきたNHKのこと。大富豪の妻である白蓮の“姦通不貞駆け落ち事件”や朝日新聞による仕込み、右翼の抗議などをきちんと描くことができるのだろうか。また、白蓮に不幸な結婚生活を強いて、絶縁状に対しては抗議文を新聞に掲載した対抗した伝右衛門はどう扱われるのか(何しろ演じているのが人気急上昇の吉田鋼太郎である)、ますます注目の『花子とアン』なのである。
(伊勢崎馨)
 仕込みネタで世論を煽った結果、右翼に乗り込まれてしまう。何か、ネトウヨから攻撃を受けて炎上を繰り返している今の朝日の姿を彷彿とさせる話ではないか。
その Give me chocolate ! と言っていた世代が、小沢一郎と亀井静香です。

小沢 一郎(おざわ いちろう、1942年5月24日 - )1945年時、3歳

亀井 靜香(かめい しずか、1936年11月1日 - )1945年時、9歳

https://twitter.com/lllpuplll/status/491085981810819073

その Give me chocolate ! と言っていた世代が、小沢一郎と亀井静香です。

小沢 一郎(おざわ いちろう、1942年5月24日 - )1945年時、3歳

亀井 靜香(かめい しずか、1936年11月1日 - )1945年時、9歳

https://twitter.com/lllpuplll/status/491085981810819073

社会保障費など義務的経費の増大で支出は390億円膨らむと見積もった。このほか、退職手当債など280億円を起債に頼ることになり、今の行政水準を維持するだけで約300億円が不足する

京都府の財源、300億円不足 18年度予測、社会保障費増響く : 京都新聞

老人の社会保障費 + 退職手当 → 若者への経済的徴兵

【恋愛格差】その要因は多くの場合が美・・・すなわち『美の格差』の存在であり、
優れた容貌を持って生まれた男女が大勢の異性を独占し、
『その他大勢』の男女が一生涯かけても得ることのできない愛と快楽が
彼・彼女らのもとに集中する、
という現象に『格差社会』との類似性を見出すものである。
一億総中流意識の崩壊とともに
『一億総均質』の幻想も、崩壊を余儀なくされたことで、
10代のある程度若いうちから恋愛(性行為等含め)を経験し、
以降に途切れる暇もなく恋愛経験を積み、
恋愛に適した人間性を含めた魅力にますます磨きをかけてゆく男女、
18歳を過ぎても
—更には成人しても色恋と無縁に過ごすことを余儀なくされ、
金品などの付加価値をもって、
ようやく一人や二人の相手が得られるだけの男女、
更には30代になっても恋愛経験の1つもない男女、
といった、個人間の圧倒的な格差の存在を認めざるを得なくなったのが、
昨今であるとする。

ワタミは14年3月期の最終損益で49億円の赤字に転落した。既存店の来客数低下により、10年ぶりに売上高が下がったことが主な原因だ(7%減)。居酒屋など外食部門全体の営業利益は19億円の赤字に転落した(前期は30億円の黒字)。

 企業イメージが悪化するにつれ、客数は減少の一途をたどっていた。また、今年4月に入社した新卒社員は120人と、目標の半分にとどまるなどして、正社員やアルバイトの確保が難しくなっているため、15年3月期に全店舗の約1割、60店舗を閉鎖する事態となった。

「赤字転落の原因は、ブラック企業と見なされたから」とのメディアの論評が、よほど不満だったのだろう。渡邉氏は講演で、客離れの原因について「マーケットの変化によるものだ。みんな酒を飲まなくなった。週3日以上酒を飲む人が10年前は男性で35%、女性で15%いたが、今ではそれぞれ15%、8%だ」と主張した。チェーン店であることが強みではなくなったことも挙げた。

女子中学生を自宅マンションに連れ込み、2週間にわたって監禁。兵庫県姫路市で起きた誘拐事件に寒けを覚えた人もいるだろう。
未成年者誘拐容疑で逮捕されたのは同市内に住む無職の富永篤史容疑者(31)。今月1日、中3の少女(15)を「遊びにおいで」と電話で呼び出した。

「富永容疑者と少女が知り合ったのは6月中旬。ゲームセンターで“面白いアニメのDVDがある”と声をかけてマンションに連れ込み、その後も何度か自宅に招き入れた。
少女は軽い知的障害があり、富永容疑者を“優しいお兄さん”と慕っていたようです。
ところが1日にマンションに行き、帰ろうとしたら、頬をたたかれて携帯を取り上げられたのです。
少女は怖くて逆らえず、警察に“キスをされた”“着せ替え人形のようにいろいろな格好をさせられて写真を撮られた”と話している。
少女は携帯の充電コードで縛られていたが、富永容疑者の外出中にほどいて脱出。
警察は着替えや撮影の際に、富永容疑者がわいせつ行為をした疑いもあるとみて調べています」(捜査事情通)

■24歳の時も中学生連れまわし

この種のロリコン男はたいがい過去にもエロ行為をしているもの。富永容疑者も例外ではなかった。

「24歳だった07年にも似た事件を起こしています。兵庫県に住む中2の女子(13)と親しくなり、
相手の親に交際を反対されていることを知るや、明石駅でと少女を連れて夜行バスに乗り、東京・新宿へ。
歌舞伎町のゲームセンターなどを連れまわしたため、未成年者誘拐容疑で逮捕されました。そのときは無職の上に住所不定でした」(地元関係者)

ロリコン趣味の「優しいお兄さん」が一番危ない。

兵庫・中3女子監禁 “着せ替え”ロリコン男の前科と手口
http://nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/151989

今月初め台湾の病院に救急入院したまま、現在も回復の見込みが立たない日本人男性が、台湾の人々の寄付と温かい思いに支えられ、あさって23日、医療用専用機で帰国し日本で治療を続けることになった。

この男性(50)は今月5日、台湾での出張を終えて日本へ戻る際に乗った航空機内で意識不明に陥った。同機はただちに桃園国際空港に引き返し、男性を県内平鎮市の私立病院に搬送。脳幹出血による重度の昏睡状態で集中治療室での治療が続けられた。まもなく男性の妻と娘が日本から台湾に駆けつけたが、その後2週間経っても容態の回復は見られなかった。

何度も治療の継続を諦めようと考えていた家族は、台湾の人々に励まされ、また日本には高齢の両親もいることから、男性を日本に連れて帰って治療を続けることを決心、23日の帰国を計画した。去年保険を解約したばかりで、台湾での医療費と日本に連れて帰るための専用機の費用162万台湾元(約547万円)など重い負担がのしかかることを覚悟していたが、台湾の友人らの勧めもあって集められた寄付金を使うことになり、20日夜には台湾企業の代表からも寄付が届いた。